タグ: 選ぶコツ

自分の身体に合うサッカーパンツを選びましょう

自分の身体に合うサッカーパンツを選びましょう

サッカーは、学校に入る前からの小さなお子さんからご年配の方まで、幅広い年齢層に人気のあるスポーツです。練習や試合などでプレイをする時には、着ているユニフォームがご自分の身体に最適でフィットしていることはとても重要なことです。ユニフォームがプレイ中の動きを妨げずにストレスフリーの状態でできることで、プレイがより発揮できるからです。そこで、ご自分に合ったサッカーパンツを選ぶために基準となることや、サイズの計り方などを考えてみましょう。

サッカーパンツのサイズの分け方

サッカーパンツを購入する時には、スポーツ専門店などを訪れることが多いでしょう。多くのメーカーから商品が出ていますので、迷うことも多いです。手に取って見ると、ウエスト、ヒップ、総丈での数値表示で分けられている商品が多く、身長などが記載されている場合もあります。そこから、ご自分の身体に合ったサイズの物を選んでいくことになります。

大人と子どものサッカーパンツを選ぶ基準の違い

サッカーパンツを選ぶ時、大人の場合と子どもの場合では、少し基準も違ってきます。と言いますのも、子どもの場合には成長が著しいこともあって、身長が10cmずつ違いの表記となっています。いろいろなメーカーから商品が出されていて、それに合わせてサッカーパンツも選ぶようになっています。そのため、ジュニアのサイズは身長を基準に選んでいくことが多いです。それに対して大人のサッカーパンツを選ぶ時の基準は、身長ではなくウエストということになります。

普段着からサイズを知っておくこともできます

いつも着ているパンツなどからも、だいたいの自分のサイズを知っておくことができます。たとえばウエストの計り方ならば、前と後ろを合わせたままで床に置きます。そのままの状態で、ウエストの部分の長さをメジャーで採寸したら、その数字を2倍にすると実際のウエストサイズになるというわけです。たとえば、床で計ったウエストが30cmであったならば、60cmが実際のウエストということです。同じようにヒップの計り方の場合では、床に置いたままの状態でパンツのファスナーの下の部分にメジャーを当てたら、そのまま水平にして採寸を行います。そして先ほどと同じように、その数字を2倍にすると、実際のウエストまわりのサイズになるというわけです。計るパンツの生地の厚さが薄手の生地の物で計った方が、より身体に近い数値になるでしょう。

tomoko aokiさん(@solahaao)がシェアした投稿

フィットしたサッカーパンツを履いて快適なプレイをしましょう

いろいろな体型の方がサッカーを楽しみますので、メーカーからも様々なサッカーパンツが販売されています。その中で、ご自分の体型をよく知って身体にフィットした物を選べば、とても動きやすくて良いプレイができるチャンスも広がっていくでしょう。